HOME > にきび・にきび痕

にきび・にきび痕

「SPECTRA」(自費診療)

SPECTRA(スペクトラ)は、シミ、そばかす、あざ、タトゥー除去に働く「Qスイッチ」、肝斑に働く「トーニング」、ニキビ、毛穴の働き・毛穴のつまり、小じわの改善、赤ら顔の改善に働く「スペクトラピール」、シミ、そばかす、くすみ、美白に働く「ルートロピール」と大きく4つの施術があり、さらに「トーニング」と「スペクトラピール」を組み合わせた「デュアルトーニング」、「スペクトラピール」と「ルートロピール」を組み合わせた「デュアルピール」と、1台でさまざまな施術が可能な優れた美容機器です。

「SPECTRA」治療のすべて
【Qスイッチヤグレーザー】 シミ・そばかす・あざの改善/タトゥー除去
【トーニング】 肝斑・色素沈着の改善
【スペクトラピール】 ニキビ肌の改善/毛穴の開き・毛穴のつまりの改善/小じわ・赤ら顔の改善
【ルートロピール】 シミ・そばかす・くすみの治療
Qスイッチヤグレーザー

シミ(老人性色素斑)の改善、そばかすの改善、あざの改善、タトゥー除去などの働きがあります。症状に合わせて、2つの波長のレーザーを使い分けて治療を行います。強い出力による治療のため、2週間程度かさぶたになります。

【施術】
シミ、そばかすは1〜2回の治療で改善しますが、あざ、タトゥーは数回(場合によっては5〜10回)の照射が必要です。
レーザー照射時、輪ゴムで弾かれたような痛みがあります。痛みを和らげるため、当院では、表面麻酔クリーム(または表面麻酔テープ)を使用し、施術を行います。

【施術後】
レーザー照射後、2週間程度かさぶたになり、かさぶたが取れるとピンク色の新しい皮膚が出現します。
1カ月程度経過すると、炎症後色素沈着により一時的に茶色になることがありますが、ほとんどの場合3〜6カ月で色が取れ、周囲の皮膚となじんでいきます。
シミの種類によっては再発するもの、効かないもの、3回程度照射が必要なものもあります。ごく稀に、瘢痕(傷跡)、白斑(白抜け)を生じたり、炎症後色素沈着が1年以上残ることもありますが、状態によって治療を行うことが可能です。

トーニング

従来、肝斑のレーザー治療は、強い刺激によって肝斑の色が濃くなる恐れがあるため「禁忌」とされていました。しかし近年、レーザー照射時間の短縮化・低出力化が可能になり、周囲の組織に損傷を与えず、肝斑を治療する「トーニング」という方法が生まれました。「トーニング」とは、医療用レーザーを非常に弱いパワーで照射することで、皮膚に蓄積しているメラニンを少しずつ破壊し、肝斑を徐々に薄く、目立ちにくくしていく方法です。さらに「ルートロトーニング」は、肝斑だけではなく、シミやくすみなどの色ムラにも働きかけます。

【施術】
およそ10分と短く、麻酔も不要。いつでも気軽に受けられます。

【施術後】
レーザー照射後かさぶたにならず、当日からメイク可能です(ノーダウンタイム)。

スペクトラピール

ロングパルスモードの1064YAGレーザーを照射し、肌表面の角質や汚れを取り除いていくピーリング治療です。肌の汚れを取ることでキメを細かくし、ニキビの原因になる毛穴の詰まりを取り除きます。レーザー熱をマイルドに真皮に届けるため、真皮層のコラーゲンを活性化させ、美肌へ導きます。マイルドな力で働きかけるため、レーザー照射後かさぶたにならず、当日からメイク可能です(ノーダウンタイム)。

ルートロピール

ショートパルスモードのQスイッチ1064YAGレーザーを照射し、表皮に熱を伝え、シミ、そばかす、くすみなどの原因となるメラニンをマイルドな力で破壊します。破壊されたメラニンはターンオーバーと共に体外に排出されるので、シミ、そばかす、くすみを薄くする効果が期待できます。マイルドな力で働きかけるため、レーザー照射後かさぶたにならず、当日からメイク可能です(ノーダウンタイム)。

副作用

かさぶた/色素沈着/色素脱失


○電話でのお問い合わせは、受付が対応する都合上、一般的な質問に限り、 詳細な内容についてはお答え致しかねますのでご了承ください。

○部位、症状や状態はお一人お一人異なりますのでカウンセリングの上で最適の施術をご提案いたします。


IPL光治療「SOLARI」(自費診療)

SOLARI(ソラリ)は、次世代型IPL(フォト)光治療機器の最新機種です。従来のIPL光治療器の欠点を大幅に改善しているため、より安全な施術ができ、且つ効果的な治療が可能になりました。
従来のIPL光治療器は、皮膚への熱傷誘発のリスクがありましたが、ソラリはそのリスクを著明に低減しています。 また、従来の光治療器は、連続照射にエネルギーが追従できず波形が乱れがちでしたが、ソラリは、連続的照射施術下においても、安定した波長および綺麗なスクエア波形が照射されるため、治療効果も高くなっています。
更に、ソラリは6種類のフィルターを搭載しており、そのフィルターを使い分けることによって、シミ、脱毛、ニキビ、赤ら顔、小じわ、肝斑、肌質改善などの多種・多様な疾患に対応できます。尚、ソラリは人工知能冷却システムを備え、最大−5℃までの冷却を可能にしたため、熱傷による表皮の損傷はほとんど無く、また、施術中の痛みの軽減に威力を発揮します。

IPL光治療「SOLARI」オススメの適応例

シミ/脱毛/ニキビ・肌質改善/色調改善・美白

治療の流れ

【診察】
化粧を落として治療する皮膚の状態を診察し、施術スケジュールを相談して決めます。通常、十分に満足のいく効果を得るには、3〜4週間間隔で5回照射が目安です。必要に応じて、再度1クール(5回)施行したり、ケミカルピーリングやイオン導入を併用したり、部分的にレーザー等の他の治療を追加したりすることがあります。

【施術前】
治療4週間前より、過度な直射日光を浴びないように注意して下さい。また、治療前後1週間は、皮膚の角質を剥がすような外用薬(ケミカルピーリング、レチノイン酸、グリコール酸配合ホームケア用品など)等を中止して下さい。施術前日・当日には顔の剃毛や脱毛、あるいはパックやスクラブ剤の使用は中止し、軽めのお化粧で来院して下さい。

【洗顔】
お化粧を完全に落として十分な洗顔をして下さい。

【施術】
必要に応じて照射部位のみ照射するための保護シートを貼付します。照射時にはわずかな熱感がありますが、冷却システムが作動しているため照射後の疼痛はごくわずかです。疾患や照射範囲によって異なりますが、所要時間は平均10〜15分前後です。痛みが心配な方は、施術前に局所麻酔クリームを塗布して行います。
美肌目的の治療では、施術後通常どおりの洗顔・お化粧が可能で、日常生活に制限はありません。お化粧をされないでお帰りになる方も遮光クリーム(紫外線非吸収剤製品)は必ず塗布して下さい。
しみ・そばかす・毛細血管拡張症・にきび・脱毛などの治療では、施術後、照射部位の乾燥予防と炎症を抑えるために、保湿剤や抗生剤含有ステロイド軟膏を塗布します。照射部位以外は通常どおりの洗顔・お化粧が可能です。尚、施術当日は、激しい運動、サウナ、温泉、飲酒などは控えて下さい。

【施術後】
照射後3〜5日は一時的に照射部位の色調が濃くなって痂皮(かさぶた)状態になり、1週間以内に徐々に剥がれ落ちてきます。これは通常の治癒過程ですのでご安心下さい。効果は2〜3週間前後頃より現れてきますが、個人差があります。
翌日まで軽い日焼けしたような状態が続くことがあります。(場合によっては3日間持続する場合もあります。)稀に、発赤・掻痒感・小水疱などが生じる場合があります。皮膚の状態に応じて、必要な外用薬を処方しますので、指示どおりに塗って下さい。
施術後は日焼けをしないようご注意し、遮光クリーム(紫外線非吸収剤製品;SPF20〜30、PA+〜++)を使用して下さい。

※施術後1週間は刺激性の高い化粧品・美白剤・スクラブ剤などの使用、パック、垢すり、髪のパーマ、毛染め、プール・温泉などは控えて下さい。また、施術後1週間以内に他の治療(ケミカルピーリングなど)をしないよう注意して下さい。

【注意点】
日光過敏症、重症アトピー性皮膚炎、ケロイド体質、ピルやステロイドなどを内服の方、既に日焼けしている方などは施術ができませんので、ご了承下さい。

【治療効果】
十分に満足のいく効果を得るには、3〜4週間間隔で5回程度照射することが必要です。但し、1回毎にハリやツヤがでる、お化粧のノリが良くなるなどの効果が感じられてきます。施術回数を重ねることで効果が増し、ダウンタイムを気にすることなく、おだやかに肌を若返らせます。5回終了後に診察を行い、症状の改善程度によって、再度1クール(5回)施行したり、部分的にレーザー等の他治療を追加したりすることがあります。また、肌の状態を常に若くしておきたい、お化粧のノリをいつまでも良くしておきたい方は、定期的な治療を受けることもできます。尚、施術の効果には個人差があります。

副作用

発赤/水疱/腫脹/色素沈着


○電話でのお問い合わせは、受付が対応する都合上、一般的な質問に限り、 詳細な内容についてはお答え致しかねますのでご了承ください。

○部位、症状や状態はお一人お一人異なりますのでカウンセリングの上で最適の施術をご提案いたします。


ケミカルピーリング(自費診療)

ケミカルピーリングは、サリチル酸マクロゴールを使用し、安全で効果的に治療を行います。角質除去と皮脂分泌のコントロール力に優れ、ニキビ治療に有効です。さらに肌内部のコラーゲン産生を促す効果もあるので、ニキビケアだけでなく、毛穴の開き、シミ、シワなどさまざまなお悩みも改善して、なめらかなヘルシー肌を目指します。肌への刺激が少ないので、肌が弱い方でもお受けいただけます。

サリチル酸マクロゴールピーリング

ピリピリ感はほとんどないのに、皮膚の角質をしっかり溶かして、施術と施術の間隔が1ヶ月に1回でよいピーリングです。軽症のアトピー皮膚炎の方も受けることができる場合があります。

毛穴の角化抑制の他、皮膚表面の角質を除去すると皮膚の細胞からいろいろな作用を伝達する物質(サイトカイン)が放出されることが知られており、皮膚の新陳代謝が活発になり、コラーゲンが増生され、キメが滑らかでくすみの取れたお肌へと導かれます。(皮膚のとても浅いところにある薄いシミならケミカルピーリングの回数を重ねると薄くなることも)
また、紫外線による皮膚癌の出現を阻止したデータがありますので、“光老化からの改善”が期待できます。

効果

ニキビの改善/余分な皮脂を除去/角質を除去/ターンオーバーを正常化/毛穴の引き締め/シミ・くすみの改善/小ジワを解消/キメを整える/肌質・脂性を改善

十分に満足のいく効果を得るには、3〜4週間間隔で5回程度照射することが必要です。但し、1回毎にハリやツヤがでる、お化粧のノリが良くなるなどの効果が感じられてきます。施術回数を重ねることで効果が増し、ダウンタイムを気にすることなく、おだやかに肌を若返らせます。5回終了後に診察を行い、症状の改善程度によって、再度1クール(5回)施行したり、部分的にレーザー等の他治療を追加したりすることがあります。また、肌の状態を常に若くしておきたい、お化粧のノリをいつまでも良くしておきたい方は、定期的な治療を受けることもできます。尚、施術の効果には個人差があります。

施術前の注意事項

☆妊娠・授乳中の方は一切施術ができませんので、あらかじめご了承ください。

☆極度の日焼けなどでお肌に負担がかかっている場合、施術ができないことがあります。特に夏場など、施術前は日焼け対策を心掛けてください。

施術後の注意点

☆ピーリングを受けられた日は、お化粧をして帰宅できません。(日中、紫外線を浴びるおそれがある場合は、日焼け止めを塗りUVケアをしてください)

☆ピーリングから12時間は、洗顔剤・シャンプー・リンスの使用を控えた方が望ましいです。(ぬるま湯でそっと洗うのは可能です。翌朝からは使用可能です)

☆ピーリング後、1ヶ月間は日焼けをしないでください。

☆保湿をしっかりしてください。

☆ピーリングを受けてから最低1週間はビタミンCローションを塗るとより効果的です。

☆ピーリング後、1週間は垢すり・パック・パーマ・毛染め等を行わないでください。

治療の流れ

【診察】
施術前には、担当する医師が気になる症状や部位についてお伺いします。 お肌の状態を診て、ピーリングの時間などの治療プランを決めていきます。 考えられるトラブルや注意点、術後のアフターケアについても詳しく説明します。

【洗顔】
メイクとともに肌の油分を洗い流します。

【施術】
サリチル酸マクロゴールピーリングを塗布して、そのまま数分間お待ちいただきます。ピーリング剤をふき取り、肌に残った薬剤はきれいに洗い流します。

【施術後】
そのままお帰りいただけます。 基本的にメイクをすることは可能ですが、施術後の肌の状態を診て、問題ないかどうかを指示させていただきます。

【注意点】
日光過敏症、重症アトピー性皮膚炎、ケロイド体質、ピルやステロイドなどを内服の方、既に日焼けしている方などは施術ができませんので、ご了承下さい。

副作用・合併症

【刺激感・痛み】
刺激感(ピリピリ)は基本的にありませんが、わずかに感じることがあります。洗顔後に後には消失します。

【赤み】
出たとしても、数時間〜数日(ほとんどの場合、1日程度)で消失します。

【かさぶた】
自然に剥がれますので、無理に剥がさないでください。

【乾燥】
角質を剥がすので、保湿能力が落ち乾燥することがあります。

【反応性のニキビ】
ピーリングによる反応で、一時的にニキビが増えることがありますが、軽快していきます。

【境界の明確化】
ピーリングしたところと、していないところで境界がはっきりすることが稀にあります。

【皮膚の鮮明化】
ピーリングをするとお肌がきれいになるので、ピーリングでは取れないシミやホクロ、毛細血管が目立つようになることがあります。

【色素沈着】
赤みがあまりにも強く残ると一時的にシミになることがあります。

【腫れ・水疱・びらん】
極めて稀ですが、赤みがあまりにも強く出ると、腫れたり水ぶくれができ、その水ぶくれが破れたりする可能性があります。

【感染】
皮膚の角質は異物の侵入を防ぐバリヤの働きをしています。そのバリヤが?がれるので、感染に弱くなりイボやヘルペスができることがあります。


○電話でのお問い合わせは、受付が対応する都合上、一般的な質問に限り、 詳細な内容についてはお答え致しかねますのでご了承ください。

○部位、症状や状態はお一人お一人異なりますのでカウンセリングの上で最適の施術をご提案いたします。


イオン導入(自費診療)

美肌・美白・リフティング効果を1度に得られる理想的な治療機です。高価な化粧水や美容液を使っても、潤いを与えるのはごく表面で、肌の深部まで有効成分を届けるのは難しいものです。それを可能にしたのが「イオン導入」です。肌表面に外用(塗布)するだけの時と比べ、数十倍の効果があるとされています。

「イオン導入」

イオン導入は、皮膚に溶液を塗布し微弱な電流を流すことで、皮膚深部まで有効成分を届ける方法です。肌表面に外用するだけに比べ、数十倍の効果があるとされています。

「イオン導入」オススメの適応例

毛穴・肌荒れ/しみ・くすみ/にきび肌/肌のキメや透明感

他の治療との組み合わせで、より効果的に!

イオン導入は美肌有効成分を肌の深部に届ける治療法です。そのため、肌を活性化させる治療(ケミカルピーリング・IPL・スペクトラピール・ルートロピール)との相性が非常に良い治療法です。 ワンランク上の美肌効果を実感されたい方は、是非ご検討ください。

より効果を求める方にご検討いただきたいのは、ビタミンCとトラネキサム酸を続けて導入する方法です。ビタミンCはできてしまったシミにトラネキサム酸はシミの産生を阻害するなどと作用が異なるからです。またケミカルピーリングやソラリ・スペクトラの施行後にイオン導入を行うとワンランク上の美肌効果を実感していただけると思います。

痛みもなく効果を実感!

イオン導入を受けた患者様のほとんどは軽いムズムズ感を感じる程度で、痛みもなく非常にリラックスした状態で受けられる施術です。 回数を重ねるごとに、より効果的に美しい素肌へと導きます。

トラネキサム酸の効果

トラネキサム酸は、元々抗炎症作用を持つ医薬品。にきびや肌荒れの炎症を抑える効果があります。近年は内服することで美白効果があることが分かり、特に女性に多く見られる、「肝斑」というしみの特効薬として、しばらく前から美容皮膚科で処方されています。

処方薬以外に、最近では低用量が市販化され、ドラッグストアなどで気軽に入手することが可能となり、「肝斑」の治療薬として一気に世に知られるようになりました。「肝斑」というしみは一般的な「しみ」に比べて治りにくい、やっかいなしみです。

トラネキサム酸の内服+美白剤「ハイドロキノン」の外用で効果がイマイチだった方も、 内服には抵抗のある方も(トラネキサム酸は、血栓を形成しやすい傾向を持つため)、 ぜひトラネキサム酸のイオン導入をお勧めします。

● 肝斑/その他のしみ/ニキビ跡の色素沈着/クスミ/にきびの方

ビタミンCの効果

ビタミンCは、皮脂分泌抑制作用・活性酸素の除去・コラーゲン生成促進作用が高く、美肌づくりには欠かせない成分として有名です。もちろんトラネキサム酸同様、しみや色素沈着・クスミの改善などのアンチエイジング効果およびにきびの改善が知られています。

● 肝斑・その他のしみ・ニキビ跡の色素沈着・クスミ/にきびの方
● 毛穴開きの気になる方や肌のキメや透明感を整えたい方

−当クリニックで使用しているVC-PMGローションの皮膚に対する主な作用−

☆コラーゲンの合成促進によるシワ改善

☆皮脂分泌の抑制・活性酸素消去(悪化防止)によるニキビ改善

☆日焼け後の炎症抑制・コラーゲン破壊酸素の減少による紫外線防御

☆メラニン色素生成の抑制によるシミ改善

☆皮脂腺の働きの抑制により毛穴が縮まる

☆キメが整う

治療の流れ

【カウンセリング】
しみ、そばかす、ニキビ跡などお肌の悩みやなどを伺います。もちろん無理な勧誘は一切ありません。

【施術前】
施術個所をクレンジングし、メイクをきれいに落とします 。

【洗顔】
お化粧を完全に落として十分な洗顔をして下さい。

【施術】
患者様のお肌の状態やお悩みに応じて、ビタミンCやトラネキサム酸を「イオン導入」します。

【施術後】
施術後のダウンタイムはございません。通常通りメイクしてお帰りになれます。

リスク・副作用・合併症

薬液(ビタミンC・トラネキサム酸)が肌に合わない場合は、赤みや湿疹が出る可能性がわずかにあります。


○電話でのお問い合わせは、受付が対応する都合上、一般的な質問に限り、 詳細な内容についてはお答え致しかねますのでご了承ください。

○部位、症状や状態はお一人お一人異なりますのでカウンセリングの上で最適の施術をご提案いたします。

お問い合わせは当院まで  電話 0467−58−2000