HOME > いぼ・ほくろ・稗粒腫

いぼ・ほくろ

加齢による「いぼ」(脂漏性角化症・アクロコルドンなど)、同時に多くの切除を希望する方は、自費診療で治療します。当クリニックでは、主にラジオ波メス(米国エルマン社製)を用いて行います。

治療の流れ

【施術】
局所麻酔を行い、浅い擦り傷のように削り取ります。(深いものはくり抜くように切除します)
浅い傷で7〜10日程度、深い傷で2~3週間で治ります。

【施術後】
傷痕は炎症性色素沈着の予防で日焼けを避けるために、日焼け止めクリームやテープ固定などの保護が必要になる場合があります。

合併症

出血/感染/色素沈着


稗粒腫

稗粒腫とは目の周りや、顔にできる白い粒のようなものです。直径1〜2o程度の大きさで、袋の中には角質が入っています。小さな角質の塊なので「脂肪の塊」という表現をする場合もあります。とくに害はなく、痛みなどもありません。毛穴の奥にある毛包という袋や、皮脂をつくる腺のうち未発達なものに角質がたまることで発症します。また、脂っこいものや甘いものの過剰摂取により発症する場合もあります。同日多数摘出する場合は、自費診療で行います。

治療の流れ

【施術】
局所麻酔を行い注射針のような細い針で皮膚を切り開き、角質を取り除きます。

【施術後】
出血をともなう場合もあるので、抗生物質の軟膏を塗ります。

合併症

出血/色素沈着が極まれにでます。


○電話でのお問い合わせは、受付が対応する都合上、一般的な質問に限り、 詳細な内容についてはお答え致しかねますのでご了承ください。

○部位、症状や状態はお一人お一人異なりますのでカウンセリングの上で最適の施術をご提案いたします。

お問い合わせは当院まで  電話 0467−58−2000